楽しく生きる心理学

「楽しく生きる」ための心理学を発信しています。 

~超効率的勉強法(実践編)~

 

 

今回は、~浪人時の超効率的勉強法(準備編)~

takoyakisann.hatenablog.com

の続き(実践編)に行きたいと思います(^^♪

 

実践したこと(実践編)

1:運動しながら勉強法

これは主に暗記科目の時に実践しました。

f:id:takoyakisann:20200505224816j:plain

こんな感じのステッパーを漕ぎながら勉強していました。

実際運動しながら勉強すると定着率が10%以上上昇するという結果も出ています。

でも実際はそんなんもっとらんわ!

という人もいるかと思います。

そういう場合は部屋中を歩き回りながら勉強するのでも結構です。

某京大出身芸人さんもそうやって勉強しているようです。

 

 しかし、そんな歩き回るスペースないわ!

 

という人もいるかと思います。

そういった場合には勉強前に少し高めの強度で運動をすれば大丈夫です。

私は暗記科目以外はこのようにしていました。

 

実際ウエスト・ロンドン大学の研究で運動後の分析能力が14%上昇したという結果が出ています。

 

 また勉強後に5分程度のウォーキングをすることでさらに定着率が高まります。

 

 

2:立ちながら勉強

f:id:takoyakisann:20200506114802j:image

基本勉強はこのようなスタンディングデスクを使ってしていました。

スタンディングディスクの使用で、神経認知テストの成績が7~14%上昇するといった研究も上がっています。

 

 端的に言うと、立って勉強するだけで1割程度成績が上昇するわけです。

 

しかし、そんなんもっとらんわ!

という人が多数だと思います。

 

 貧乏ゆすり

 そういった場合には「貧乏ゆすり」をすることでその変わりが望めます。

前項でも紹介した「運動しながら勉強法」と同じで、勉強中に体を動かすことで集中力と記憶力のUPを期待できます。

 

そんな下品な!と思う人もいると思います

しかし、それは大きな間違いです!

 

 さらに、長時間椅子に座ることは、実は喫煙や飲酒(飲みすぎ)と同じくらい健康を害するといわれているのですが、

勉強中に体を動かすことで血流がよくなって血栓ができにくくなり、死亡のリスクをかなり下げることができます。

 

 また、血流がよくなるので、体温が上昇しむくみにくくなったり、体を動かしているのでカロリー消費も期待できます。

 

 女性にとってはいいことづくめですね♪

「貧乏ゆすり」などという醜悪な名前ではなく、「健康ゆすり」といいましょう!(笑)

 

 

3:教えるつもり勉強法

これはいくつかの方法があるのですが、今回は私が実践した方法を紹介したいと思います。(ほかの方法は別の記事で詳しく説明します)

 

 これは、実際声に出して相手に解説する勉強する方法です。

 

しかし、相手は別に人間じゃなくてもいいのです。

 

これはラバーダック勉強法といわれていて、お風呂に浮かべたアヒルの人形を相手に教えていたことからこの名前が付きました。

 

 私は愛犬に向かってひたすら苦手な科目を解説していました。

多分、そこら辺の小学生よりは賢くなったんではないでしょうか?( ^)o(^ )

 

そのおかげで、

一番苦手だった英語が一番の点数を稼ぐ科目になりました(^_-)-☆

 

 実際、シンガポール国立大学の実験でも一定の成果が上げられています。

 

はたから見たら少し痛い子と思われるかもしれませんが、実践してみましょう( ^)o(^ )

 

 

4:戦略的睡眠

 これは私が最も気を使ったことです。

それは、昼寝です。

GoogleやNIKE といった名だたる有名企業が昼寝を推奨していることは、今ではかなり有名な話なのではないでしょうか?

 

今では、「パワーナップ(効果的な昼寝)」という言葉も聞くようになってきています。

 

 その有効性を示している研究も多く次のようなメリットがあります。

 

・10~20分の昼寝 認知機能の向上に役立ち、集中力や生産性がアップする

・30分の昼寝 浅い眠りの状態に入るため、疲労の回復にも効果が表れる

・40~60の昼寝 全身がリフレッシュし、いったん下がった脳機能が元の状態に戻る

 

 

 私は、眠く感じたらすぐ15分の睡眠をとっていました。

 

ここで大事なのは、目をつむるだけでもOKということです。

 

そもそも、10分で完全に寝落ちしろというのも難しい話ですよね"(-""-)"

 

 目をつむるだけでも、一定の成果が上がっているので実践してみましょう。

 

 私はこの昼寝を「戦略的睡眠」と呼んでいました(^_-)-☆

 

 

 

 

 

=====

まとめ

 どうだったでしょうか? 

まずは自分ができそうなことを一つずつ取り入れていきましょう。

 

 

そのうち、私は実践していませんが科学的に根拠のある学習法も紹介しようと思います。

 

 

この記事が勉強に置いて悩めるあなたの一助になることを祈っています。


次回は「片付けが出来ないあなたへ」です

 

 これが今回のおススメの本です

 

 では、good luck 👍