楽しく生きる心理学

「楽しく生きる」ための心理学を発信しています。 

〜説得力爆上げテク〜

 

皆さんはもっと自分に説得力があればなー

なんて思ったことはないでしょうか?

わたしは常々考えております。

 

まず、説得力があるということは、その分野に精通しているということです。

ということは、説得力を上げる=その分野に詳しくなる

ということです。

 

そこで今日は科学的根拠に基づいた説得力爆上げテクを紹介します。(今回教えるテクは説得力がつく勉強法です)

f:id:takoyakisann:20200510173618j:image

 ティーチングテクニック

ティーチングテクニックとは、自分が勉強したことを他人に説明してみることです。

効果の高さは心理学の世界でも一定の定評があり、1980年代にフランスのジャン=ポールマーティン博士が提唱して以降、複数の実験で学力向上のメリットが確認されてきました

教えるつもり勉強法

2014年ワシントン大学がグループに分け、次のような実験を行いました、。

1,「この後にテストがある」と思いながら勉強する

2,「この後で他の学生に教えなければならない」と思いながら勉強する

 

そのあとに受けた確認テストの結果は、

「ほかの学生に教えなければ」」と思いながら勉強したグループのほうが、内容を正確に思い出す確率が28%も高く、特に重要な情報ほど記憶に残っていたのです。

 

 他人にうまく説明するには、自分の中でうまく要点がまとまってなければなりません。

そのため私たちは人に何かを教えなければと思うと、反射的に問題のポイントを探し始め、学習に対する姿勢が受動的から能動的に変わるのです。

 

常に「この問題を説明するには?」と考えながら学習すれば、記憶力説明力も向上するでしょう。

 

ラバーダック勉強法

この方法は以前の記事で説明したので、こちらをご覧ください。

 

takoyakisann.hatenablog.com

 

10歳児教授法

 この方法は文字通り

「この問題を10歳児に教えるならどうすればいいだろう?」

と考えてみるテクニックです。

実際にやってみるとこれはとても難しいです。

10歳の子供に伝えるには専門用語をすべて言い換えなければなりませんし、常にシンプルな表現を心掛けねばなりません。

心がけるポイントは大きく2つです

 

1,比喩表現を使う

比喩表現とはたとえ話です。

たとえば私なら「電圧の強さ=パワーの強さ」と覚えていました

このように、難しい内容を日常的な物事に当てはめていきます。

 

比喩表現の力は強大で、複雑な概念がいきなり大きくつかめるようになります。

これは、これは、具体的な物事を比喩表現で抽象化したことが原因です。

 

2,相手が知っている知識を使う

たとえば、小中男子学生に伝えるなら「鬼滅の刃で言えばこれは…」という風に人気漫画を引き合いに出してみたりすることが例です。

 

自分の知っている知識を引き合いに出して説明することにより、相手の理解度は一層深まります。

 

 相手の知識がわからない場合は、世間のニュースを引き合いに出すのでも構いません。

 

分かりやすい説明が必要になったら以上2つの点は抑えるようにしましょう。

 

 

 

=====

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

相手に説明するにはまず自分がそのことに詳しくなければなりません。

自分が学習する段階からどのように説明するか考えながら学習しましょう。

 

次回は『精神ムキムキトレーニング』です

 

ちなみにこれが今回のおススメの本です

公式なものを書く文章力ではなく、人の心を操る文章力が付きます

 

 

 

 では、good luck 👍