楽しく生きる心理学

「楽しく生きる」ための心理学を発信しています。 

~いらない人脈の削り方~ それだけで心配事が9割減?!

皆さんは、この人と会ってから調子狂うな~

なんてことはありませんか?

 

今回は、いらない人脈を削るだけで心配事の9割を減らす方法を紹介します(^^♪

f:id:takoyakisann:20200521153216j:image

不要な人脈を削るだけで心配事の9割を減

 

 

 

 悩みの9割を作り出す人

 自分の心配事を作る、付き合っちゃダメな人間が与える影響は様々で、将来性を削る、生涯収入、集中力、モチベーションを下げる、トラブルや心配事を増やす、などの多大な影響を与えます。

恐ろしいですね( ;∀;)

ですが、「あたしは、俺は面倒な人間関係が多いからなー」なんて人もいるかと思います。

 ここで皆さんに質問です。

あなたの心配事や悩みの9割を作り出すのは、あなたの人脈の何パーセントでしょうか?

 

 

正解は、

なんと5%です。

要するに不要な5%の人間との関わりを切れば、9割の心配ごとや悩みが消えるのです。

今回はそんな人間関係の整理の仕方を紹介します。

 

不要な関係の人の特徴

そもそも、「その人の全部が好き」なんてことはありません。みんな感情を持った人間ですので欠点はあります。

 

では、どこをみればいいのか?

 

関わりの不要な人は2種類います。

①エネルギー、活力、やる気を奪う人

②不健康、不適切な行動を助長する人

のなかでも特にやばい人です。こういった人たちが仕事やプロジェクトの成功率をドンと下げます。

 

不要な関係の見極め方

この特にやばい人の見極め方は、

ロンドン大学の経済学者ポール・ドーランの著書「幸せな選択、不幸な選択」という本に書いてある、1日再構成法です。

この方法はもともと、1日の中で不要な時間を見つけ出す方法なのですが、人間関係にも応用できます。

 

まず、その日に起きたことを誰と、開始時間と終了時間を明記してリスト化します。

そのできごとをやりがい、満足感で0~10点で評価します(1日の出来事を記録するにきのようなものですね♪)。

点数の基準は自分で設定してください(もう二度とやりたくないなら0点、三度の飯より優先したいなら10点など)。

 

 これを2週間から1ヶ月続けてみてください。

特定の人がいるときにやりがいや満足感の点数が低くなっていることが多いはずです。

また、会議などを終えた場合に達成感を感じた場合にも要注意です。

達成感を感じたということは、ストレスから解放されたということだからです。

このような条件に当てはまる人が先ほどの①②と重なるはずです。

 

まとめ

 人脈の5%を削れば9割の心配事から解放されます。しっかり見極めて生産性をたかめましょう(^_-)-☆

 

 

 

=====

 

 いかがでしたでしょうか?

この記事が人間関係で悩めあなたの一助になれば幸いです(^^♪

 

 これが今回のおススメの本です

 

 

 次回は『人前で2度と上がらない方法』です

 

 では、 good luck 👍