楽しく生きる心理学

「楽しく生きる」ための心理学を発信しています。 

~人前で2度と上がらない方法~

f:id:takoyakisann:20200622100441p:image

 皆さんは、人前で話すとき心臓が壊れそう

なんてことはありませんか?

 

今回は、人前で2度と上がらない方法を紹介したいと思います。

 

人間は不安、緊張を感じると、時間を早く感じます。

そうすると、時間のない感覚に苛まれ、ネガティブな気持ちになるという負のスパイラルに陥ります。

その負のスパイラルに陥らない方法とは…

 

人前で2度と上がらない方法

 

圧倒的○○!!

幸福に関する心理学について研究している、マーティン・セリグマンさんの研究で、どのようにすれば、幸福度が上がるのか?

ということを調べた結果、

緊張や不安が解消されれば幸福度が上がるということが分かりました。

 

 彼の実験で、400人の人をいくつかのグループに分け、それぞれ幸福度を上げるのに有効と思われるテクニック(睡眠、散歩、趣味、呼吸法など)を試してもらいました。

 

なんと一番効果があったのは

感謝です。

なんじゃそりゃ!!、と思う方も多いと思います。感謝にも方法があります。

 

その方法は、感謝の日記をつけることです。

ペースは週1回具体的に3つ以上書きましょう。感謝する相手は尊敬する有名人や環境などでもいいです。もちろん直接伝えるでも可です。

 

 

それにより得られるもの

余裕、カリスマ性が身に付く

オリビア・フォックス・カバンの著書『カリスマは誰でもなれる』に書いてある方法で、

緊張する場面の前その場で感謝できることを3つ考えるだけで心理的な余裕が生まれると書いてあります。

心理的な余裕が生まれることで、立ち居振る舞いに落ち着きが表れカリスマ性を感じるのです。

皆さんがカリスマ性があると思う人はみんな落ち着きがありますよね。

 

 

不眠症改善

2011年の調査で、眠れなくて困っている不眠症患者を対象に感謝の日記を毎日書いてもらいました。

すると、わずか1週間で全員がぐっすり眠れるようになったのです。

感謝することにより眠る前に湧き出す悩みが減ったことにより落ち着いた状態で眠りに入れたのです。

 

 

ダイエット

2003年の研究によるとその週に起きた出来事で感謝できることを5つリストアップします。

この実験では、10週間続け、週当たりの運動量が増加したのです。

これは感謝することにより前向きな姿勢でエクササイズに取り組めたからです。

 

 

衝動買いが減る

ノースイースタン大学の論文で、普段から感謝の意識をすることで、衝動買いすることが減ると分かったのです。

皆さんにも、長期的に時間をかけて恩返ししたい相手はいますよね。

そういった相手のことを考えることで、目先の利益に囚われず、長期的なメリットに目を向けることができるようになるのです。

要するに目先の欲望に負けなくなります。

また長期的な視野を手に入れることで貯金が増えます。

今は、老後2000万時代なんて言いますもんね(^^)/

 

 

まとめ

少なくとも週に1回、3~5個の感謝おリストアップしましょう。

それだけで、たくさんの恩恵が得られるはずです。

 

 

=====

 

いかがでしたでしょうか?

この記事が皆さんの悩みを解消する助けになれば幸いです。

 

 

次回は『一瞬でやる気を出す』です

 

 では、good luck 👍