楽しく生きる心理学

「楽しく生きる」ための心理学を発信しています。 

~計画よりも記録を重視しろ!~

 皆さんの中には、新年や、新学期

 気持ちを新たに今年は、今学期は○○を頑張ろう!

なんて目標決めた方も多いのではないでしょうか?

 でも実際それは今現在まで継続できていますか?

 

今回は、計画よりも記録をとるほうが、

目標達成には重要である。

ということを解説したいと思います。

f:id:takoyakisann:20200605074412j:image

計画よりも記録を重視しろ!

 

 今回は、記録の大切さ、力について、説明します。

皆さんは、何かの節目に目標を立てたりしますか?

 

実は、どれほど正確に、うまく目標を立てても

達成できるかどうかには、

あまり関係がないのです。

 

目標を立ても達成できなかったら意味ないですよね。

 

一番いいのは、曖昧に計画を立て、

起きた事象を事細かに記録していくのがいいのです。

 

 

記録の効果

 記録をとることによって、意志力が高まります。

 

意志力が高まることによって、

自己コントロール能力、客観的にみる能力が高まります。

これらをセルフモニタリング能力といいます。

 

これを持っている人ほど、客観視ができるので、

物事をうまく進められます。

 

1981年の注意力と自己制御という論文で、

2つにグループに分け、

ダイエット中の人たちに

お菓子を好きなだけ食べていいよ。

といいました。

 

①鏡を目の前においてお菓子を食べるグループ

②そのままお菓子を食べるグループ

に分けて観察しました。

 

すると、

①のグループのほうが圧倒的に

食べる量が少なかったのです。

これは、鏡に自分が映ることで、

誰かに見られているときと

同じような心理状態になり、

自分を客観視できているからです。

 

これは、勉強にも応用できて、

自分で自分を観察する事により

緊張感が生まれて、

集中できる時間が延びるのです。

 

また、2015年の論文でも、

①鏡の前で食事したグループ

②普通に食事したグループ

では、やはり①のグループのほうが、

高カロリーのものに手を出す確率が

②と比べて1/3だったのです。

 

何か目標を達成するには、

自分を客観視するのが一番いい手段

ということですね。

 

 

意志力

スタンフォード大学のケリー・マクゴニガル博士が提唱した、

人の意志の力は3つあります。

 

やる力

やらない力(ダメなことをやらない力)

望む力・・・重要な目標を思い出す力

 

望む力が一番重要で、つまり、

自分の目標を事細かに思い出すことです。

それによって、

自分が何をすべきかが明確になり

行動できるようになります。

 

 

まとめ

記録をとることで、自分が無駄に使っている、

使いたいことに使えていない時間が分かります。

 それにより、

習慣が改善され目標を意識するようになり、

行動につながるのです。

 

何でもいいから、

記録し続けましょう。

ダイエットなら毎日体重と食べたものを、

勉強なら時間とどれだけ進んだか、などを。

 

 

 

=====

 

いかがでしたでしょうか?

この記事が、計画したはいいけど、なかなか遂行できない。

そんなあなたの一助になれば幸いです。

 

 

これが今回のおススメの本です

 

この本は、具体的なメモの取り方を知りたい。

そんなあなたにオススメです。

 

 

 

 次回は『子供の集中力の鍛え方』です

 

 

  このように当ブログでは、
生きていくうえで便利になる心理学を紹介しています。
リンクはこちら↓

 

楽しく生きる心理学

 

 

 では、good luck 👍