楽しく生きる心理学

「楽しく生きる」ための心理学を発信しています。 

~面白いと思われる話し方~

f:id:takoyakisann:20200621135906p:image

 皆さんは、人と会話するときうまく話が進んでいますか?

 

 今回は、面白いと思われる話し方について解説します。

 

 

 面白いと思われる話し方

 

雑談力を上げるべし

 他人と話すときの話題は

ビジネスの話などよりも圧倒的に雑談のほうが多いです。

営業なんかをする人をお分かりかと思いますが、

まず信頼関係を作るのが大事ですからね。

 

皆さんはどれくらいのペースで会話を切り替えればいいのか、

喋っていい時間はどれくらいか?

気になったことはありますよね?

 

 今回は科学的にうまい雑談法を解説します。

雑談のルール

その答えは

 

2018年に教育心理学者のマーティネムコの

レビュー研究から編み出された方法です。

 

それは、

信号機ルールです。

簡単に説明すると

 

:しゃべっていい時間

:会話を切り替える準備

:相手が話に興味がなくなる時間

です。

これが30秒ずつで切り替わります。

f:id:takoyakisann:20200621135912j:image

どんなに相手がこちらの話に

興味を持っているように見えたとしても、

60秒経過するころには、

ほとんど集中力が切れます。

 

赤の状態になるとどんな相手でも

 

長いと思われます。

 

長いと思われる=話がつまらない

です。

ペース配分を気を付けてください。

 

青のうちに話をまとめ、オチまでつけるようにしましょう。

黄で質問などで会話のバトンを渡す準備、実行をします。

赤までには会話のバトンを渡しているようにしましょう。

 

 

逆に話を聞かされている場合は

これを逆手に取ればいいのです。

 

相手の話が赤に差し掛かって

ほかの聴いている人が興味をなくし始めたころ

興味ありげに質問などを入れると

この人は話を来てくれているんだ

好印象を与えます。

 

相手にいい印象を持たせたい場合は

かなり有効な手段といえるでしょう。

 

 

 

まとめ

:結論まで出す

:会話のバトンを渡す

:やりすぎ危険

です。

 

これを守って人の心をつかみましょう。

 

 

 

=====

 

いかがでしたでしょうか?

この記事が人との会話に悩むあなたの一助になれば幸いです。

 

 

 

次回は『上から目線の正体』です

 

 

このように当ブログでは、
生きていくうえで便利になる心理学を紹介しています。
リンクはこちら↓

www.takoyakisan.info

 

 

では、good luck 👍