楽しく生きる心理学

「楽しく生きる」ための心理学を発信しています。 

~午後から仕事が楽になる昼の行動~

f:id:takoyakisann:20200615154903p:image

 皆さんは、午後からの仕事、昼ご飯を食べたの仕事が

だるい”なんて感じてませんか?

 

 今回は、そんなだるさ、めんどくささを打ち消す方法を紹介します。

 

午後から仕事が楽になる昼の行動

 

 効率よりも楽さを求めよう

 効率的の行動しようとすればするほど、

時間がない感覚に追われることになります。

これでは、精神的にストレスがかかってしまいます。

 

効率的にしよう!ではなく

楽にしよう!と考えるようにしましょう。

メチャクチャいいモチベーションになります。

 

 

さて、

昼からの作業を楽にする方法ですが、

 それは、

昼寝です。

しかし、

ただの昼寝じゃありません。

 

 

コーヒーナップ

 コーヒーナップとはコーヒーを飲んだ後に昼寝することです。

 

具体的な方法は、

コップ一杯のコーヒーを1,2分以内で飲み干し、

その後すぐに寝ます。

時間は10~20分程度(ちなみに私は15分です)

完全に寝落ちする必要はありません。

 

完全に寝落ちしたい場合はこちら

速攻寝落ちします。 

www.takoyakisan.info

 

昼寝をすることにより、

頭の中のアデノシンという

精神的な疲れを感じさせる物質が消えます。

そして

カフェインにより20分後くらいには目が覚めるので

すっきり目覚めることができます。

 

またカフェインによって

アデノシンがたまりにくくなるので、

疲れにくくなります。

 

これなら時間のない昼休みでもできますよね。

 

しかし、コーヒーが飲める環境ではないという方は、

できるだけコーヒーを飲んでほしいのですが、

カフェインのタブレットを服用してください。

(一日の服用量は守りましょう)

 

 

昼からの仕事がめんどくさいと感じる理由は

午後からの仕事が難しくなったり、複雑になったりするわけではなく、

精神的な疲労の蓄積が原因です。

 

しっかり昼寝をするようにしましょう。

 

実際10分の昼寝で

生産性が10%向上するという研究もあります。

 

注意

ここで注意ですが、

16時以降にはカフェインを摂取しないようにしましょう。

カフェインが体内で働く時間は8時間程度だといわれているので

夜に寝れなくなったり、睡眠が浅くなったりして

次に日の朝起きるのがとても怠くなります。

 

 

まとめ

 コーヒーをとって速攻寝ましょう。

時間は10~20分、寝すぎは厳禁です。

これだけで不通に昼寝するよりすっきり起きられるし、

その後の生産性も向上します。

効率的になるではなく、楽になる。ですよ!

 

 

=====

 

いかがでしたでしょうか?

この記事が、午後からやる気が出ない。

そんなあなたの一助になれば幸いです。

 

 

 

 

 次回は『頑固な相手の動かし方』です

 

 

このように当ブログでは、
生きていくうえで便利になる心理学を紹介しています。
リンクはこちら↓

www.takoyakisan.info

 

 では、good luck 👍