楽しく生きる心理学

「楽しく生きる」ための心理学を発信しています。 

寝ても真昼に睡魔が襲う理由

 f:id:takoyakisann:20200624000613p:image

 皆さんは昼間に睡魔が襲ってくるなんてことありませんか?

 

 今回は、昼間に睡魔がやってくるわけについて解説します。

 

 

 寝ても真昼に睡魔が襲う理由

 

まず知っておいてほしいこと

 まず、前提として

日本人は昼間に眠くなりやすい人種だ。

といわれています。

 

日本人の約7割が昼間に強い睡魔に襲われるのです。

 

 

昼間に眠くならないためには、

睡眠の質を上げよう。

ちゃんと決まった時間に寝よう。

は当たり前です。

 

今回は、

元から眠くなるタイプではなく、

先に挙げた以外の理由

眠くなる理由と予防について解説します。

 (終盤に元から眠くなるタイプの方向けの記事も張っています)

 

 

原因は食生活?

 アデエード大学の研究で、

脂っこいものを食べまくっていると

昼間に眠くなる確率が高くなることが分かりました。

 

高脂肪の食事をたくさんとる人が昼間に眠くなるのです。

 

 

1815人を対象とした実験で、

1年間、食生活と睡眠の状態を記録しました。

 

その結果

脂肪の摂取量が多い人のほうがそうでない人よりも

78%も昼間に眠くなる確率が上がったのです。

 

ちなみに脂肪摂取量が少ない人の基準は1日当たり58g(500kcl)です。

 

 

この実験では、

高タンパクや炭水化物の取りすぎは

睡眠に関しては関係ないという結論になりました。

 

また、

私は昔から太っている人は

脂肪で気管が狭まって呼吸が浅くなり睡眠の質が下がる。

と考えていたのですが、

 

この実験に関しては肥満の度合いはあまり関係がない。

という結果になったようです。

 

驚きですよね(*'▽')

 

 

ちなみに1回高脂質の物を食べたらアウトではなく、

普段からこういった食生活を送っている場合

に昼間に睡魔が襲うのです。

 

 

この実験の研究者の見解では、

ホルモンバランスの乱れ

によりこういったことが起こったとしています。

 

 

○○の無限ループ

 では、眠くならないためには

高脂質のものをさければいい。

と思うかもしれませんが、

 

そう単純な問題ではありません。

 

 

高脂肪の食事は

狩りで生活していたような時代には存在しないものでした。

 

科学の発達により

ここ百数年で食事の様式は著しく変わりました。

 

ファストフードが良い例でしょうか。

 

 

しかし、生物はたった数百年程度では進化しません。

 

人間の体にはまだ高脂質のものが処理しきれないのです。

 

少し雑なたとえですが

抗体を持たないウイルスに侵される

ようなものです。

 

これにより、

人間の脳は過剰に反応し、

麻薬やタバコと似た反応を示すのです。

 

 

また、

夜、ラーメンに誘われたら食いたくなりますよね。

 

人は、眠くなると高脂質のものを求めるようになります。

それで眠気が覚め、眠くなるとまた高脂質を求める。

 

という負のループが完成します。

 

 

また今回の実験では、

ココナッツオイルやオリーブオイルなども

同じ脂質として区別されました。

 

体にいいからといっても

やはりほどほどにすべきですね( ;∀;)

 

 

睡眠の質改善

 この睡眠法をとることで、睡眠の質の改善が見込めます。

だからといって

乱れた食生活は改善しなくていい。

というわけではありませんよ(^_-)-☆

 

www.takoyakisan.info

 

 

昼からでも目が覚める方法

 とはいってもやはり、

冒頭に述べたように、

日本人の約7割が昼に眠くなるといわれているので、

どれだけ良い食生活を送っていても眠くなる場合はあります。

 

それは仕方がありません( *´艸`)

 

こちらに昼からの仕事を元気に行う方法が解説されてあります。

 

www.takoyakisan.info

 

まとめ

 脂肪が眠気をつくるからといって、脂肪分を全くとらない。

というのは×です。

ベジタリアンやヴィーガンなども

科学的に体に悪いと分かっています。

 

バランスのいい食事を心がけましょう。

 

 

 

=====

 

いかがでしたでしょうか?

この記事が昼間にどうしてもも眠気が襲う。

そんなあなたの悩みを解決する一助になれば幸いです。

 

 次回は『不安脳マニュアル』です

 

 

このように当ブログでは、
生きていくうえで便利になる心理学を紹介しています。
リンクはこちら↓

www.takoyakisan.info

 

 

 では、good luck 👍