楽しく生きる心理学

「楽しく生きる」ための心理学を発信しています。 

~正しい子どもの叱り方~

f:id:takoyakisann:20200613225748p:image お子さんがいる方もいずれ子どもが欲しいという方も

どのように教育していくべきか、

悩み、試行錯誤を繰り返すことだろうと思います。

 

 今回は正しい子どもの叱り方について紹介します。

 

 

 正しい子どもの叱り方

 

数々の研究から

親の育て方で子供の性格は変わらない。

ということが分かっています。

 

性格を決める要素の半分は遺伝子で、

もう半分が付き合っていく友達です。

 

友達に関して言えば当然といっちゃ当然ですよね。

その子が何に出会い、どう感じるのかまでは、親は関与できませんから。

 

 

しかし、親の教育によって、

その子の将来を明るくすることはできます。

 

 

今回は、5300人を対象としたロンドン大学の研究で、

子供のころの親からの叱られ方で

将来にどのように影響するのか調べました。

 

 

 

悪い叱り方

悪い叱り方で育てられた子は

メンタルの問題や人間関係の問題

そうでない子に比べて抱えやすくなります。

 

そんな悪い叱り方をする毒親の特徴は

心理コントロール傾向が強い親です。

 

心理コントロールとは、

例えば、

誰が学費払ってる思ってんの?、人前で叱る、などで

罪悪感をあおったり、恥をかかせることです。

また他に

決定権を与えない、プライバシーの侵害(年頃の男の子のベッドの下を覗くなど)

もあげられます。

 

このように育てられた人は、

人生の幸福度、満足度、人間関係がかなり低かったのです。

 

こんな叱り方をするぐらいなら、

放置子のほうがまだマシな育ち方をする。

と言う科学者までいるくらいです。

 

 

 

正しい叱り方

正しい子供の叱り方をする親の特徴は、

行動コントロール傾向が強い親です。

 

行動コントロールとは、

その子の行動に対して叱るということです。

例えば、

食べ終わったら勉強しなさい、食事中にスマホを触ってはダメなど、

行為に対して叱ります。

 

子どもからすればかなりウザい叱り方かもしれませんが( ;∀;)

 

心理コントロールされず行動コントロールで育った子どもは、老人になっても

人生の幸福度、満足度、人間関係かなり高い状態でいられます。

 

 

 

さらに良い叱り方とは

 さらに良い叱り方をしたい場合は、

何をしたら、何回以上したら叱る、

など基準を設けてリスト化しましょう。

 

同じようなことをしたのに、

叱られたり、叱られなかったりすることがあると、

子どもは気分で叱られていると思います。

 

子どもはそういったところに矛盾を感じると

不服に感じたりネガティブな感情を抱きます。

 

自分が怒った状態で叱るのなんて論外です。

 

周りが見えなくなり、途中で絶対に論点がずれるので、

矛盾が起き、心理コントロールになります。

 

 

ルールを決めて毎回同じ強度で叱るようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 お前はダメな人間だ。

は絶対に言ってはいけません。

行動に対してだけ言及するようにしましょう。

 

 

 

=====

 

いかがでしたでしょうか?

この記事が子育てに悩む親御さんの一助になれば幸いです。

 

 

 

非認知能力・・・ 目標に向かって努力する力、他人とうまく関わる力、感情コントロール能力などIQで測れない力

 

 

 次回は『先延ばし撲滅法』です

 

 このように当ブログでは、
生きていくうえで便利になる心理学を紹介しています。
リンクはこちら↓ 

www.takoyakisan.info

 

 

 では、good luck 👍