楽しく生きる心理学

「楽しく生きる」ための心理学を発信しています。 

~幸せを逃す人の特徴~

f:id:takoyakisann:20200613152819p:image 皆さんは、

現在自分が幸せだと感じているでしょうか?

 

 今回は、

幸せを逃す人の特徴について解説したいと思います。

 

 

 幸せを逃す人の特徴

 先に結論から申し上げますと、幸せは、

なろうとすればするほど遠のいていきます。

頑張れば頑張るほど遠ざかるのです。

 

 

 

デンバー大学で、320人を対象に2つの実験行いました。

①被験者に幸せをどれくらい重要視しているか?

についてアンケートを取りました。

その後、数週間にわたって

詳細に日記をつけてもらいました。

 

その結果、

幸せを重要視している人ほど、

孤独になりやすく、孤独を感じをやすくなり、

鬱なる確率が高かったのです。

 

②今度は被験者に、

幸せになると社会的に成功する確率が高まる。

と書いてあるニュースの記事を読んでもらいます。

 

その後アンケートを取りました。

 

その結果、

幸せになるには、まず成功しないと。

と強く思うようになった人ほど、

孤独感人の輪から除け者にされている

と感じるようになったのです。

 

つまり、

人とのつながりが薄く感じるようになります。

 

①②の実験から

人は幸せについて深く考えすぎると、

自分の内面ばかりに集中が向くようになります。

その結果、他人との関係に集中が回らなくなるのです。

 

つまり、

周りからは、自分勝手な人間に見えるようになるのです。

 

 

まとめ

幸せになろうとするのは×です。

何かに熱中したり、努力して頑張った結果得られるものです。

頑張ったら充実感が得られますよね。

充実感が幸せの正体です。

 

結婚して少し経った女性がよく言いがちな、

あの人なら私を幸せにしてくれると思ったのに!

自分の責任です。

 

確かに一瞬の幸せは他人からもらえますが、

一生の幸せは自分で頑張った結果ついてくるものです。

勘違いしないようにしましょう。

 

自分が熱中できるものを見つけるのが重要!

その結果、

人間関係がうまくいったり、幸せに感じるようになります。

 

 

充実感=幸せ

 

 

=====

 

 いかがでしたでしょうか?

この記事が、幸せを求めるあなたの一助になれば幸いです。

 

 

 

 

 次回は『正しい子供のしかり方』です

 

 

  このように当ブログでは、
生きていくうえで便利になる心理学を紹介しています。
リンクはこちら↓ 

www.takoyakisan.info

 

 

 では、good luck  👍