楽しく生きる心理学

「楽しく生きる」ための心理学を発信しています。 

~恋愛がうまくいく兄弟姉妹関係~

f:id:takoyakisann:20200708224326p:image

 

 皆さんは恋人や夫婦間の関係は良好でしょうか?

 

 今日の日本での離婚率は35%とも言われています。

 

今回は恋人との関係が良好な人の兄弟姉妹関係を紹介します。

 

 

 

恋愛がうまくいく兄弟姉妹関係

 

 恋愛がうまくいく人の特徴はいくらかあります。

 

今回はある一つの特徴に着目して解説したいと思います。

 

兄弟姉妹関係

 恋愛がうまくいくかどうかは兄弟姉妹がいるかがポイントです。

 

 兄弟がいるかどうか、自分が何番目なのか、

で性格が決まるといいますが、それは信憑性が薄いです。


しかし、恋愛においてはかなり関係性が高いことが分かっています。

 

どういった兄弟姉妹がいて、

どのような関係なのかで、

うまくいきやすいかどうかが分かります。

 

 

2015年のペンシルベニア大学の研究です。

異性の兄弟姉妹がいる被験者125名を集めました。

 

そして被験者に

異性の兄弟との関係はどうか?

今付き合っている人との関係はどうか?

について答えてもらいました。

 

結果

異性の兄弟姉妹と仲のいい人ほど

恋愛がうまくいく

ということが分かったのです。

 

 

なぜこのような結果になったかというと

 子供のころは今よりも断然周りに影響を受けやすいです。

 

これは恋愛に関しても然りで

子どものころから一緒にいる異性の兄弟姉妹がいることによって

異性に対する理解度が高くなるのです。

 

簡単に言えば異性に対する耐性が付くのです。

 

異性がどんなことで

怒ったり、喜んだり、考え方をするか

などを分かっているので、その経験をそのまま生かせるのです。

 

 

だから

喧嘩が起きにくくなる、相手の気持ちを分かる能力が上がる、異性に対しての理解力が上がる。などによって

 

恋愛がうまくいくのです。

 

 

性格の構成要素 

 先ほどにも述べたように

人間は周りの環境にとても影響を受けやすいです。

 

人間の性格の50%は遺伝子によって決まるとされています。

親の関与は10%にも満たない程度です。

 

では残りの40%程度は何によって決まるのかというと

 

それは

友達や先輩後輩などの周りの環境です。

 

まわりの影響についてこのような研究があります。

 

親しい友人が太った場合、

自分も太る確率が2.81倍になるのです。

 

これを聞いたらヤバいと思いますが、いい効果もあります。

 

周りの人が勉強をしだすと、自分も集中して勉強し始める。

です。

 

ですから非常に友達選びが人生において重要である

ということが言えます。

 

 

 

兄弟姉妹がいない場合

 ここまで兄弟姉妹がいる人の場合について解説しましたが、

兄弟がいなかったり、現在仲が良くない場合は

どうすればいいかを3つ紹介します。

 

 

  • 友人をシェアする

 友人を恋人に紹介するということです。

 

お互いのことを知ってくれる共通の友人を持つことで、

夫婦の離婚率がかなり下がるということが分かりました。

 

 

  • 一緒に動画を見る

 テレビ番組、ドラマ、映画、アニメ、YouTubeなど、何でも構いません。

共通の物を見ることで関係が良好になります。 

 

実際、

定期的に映画を見に行く夫婦はそうでない夫婦に比べて

離婚率が半分になるということが分かっています。

 

 

  • 一緒に酒を飲む

 節度を持って、飲みすぎないようにするのは当たり前ですが、

男性をお酒を飲むと共感能力が高まるので、女性へに理解度が高まります。

 

しかし、喧嘩や謝罪をしている時に飲めば、最悪な結果になるでしょう。

 

お酒は一長一短です。節度とタイミングを考えて飲むようにしましょう。

 

 

 

まとめ

兄弟姉妹関係特に異性との関係は大事にしましょう。

そうすれば恋人やパートナーとの関係も良好になるでしょう。

 

 

 

=====

 

 

 いかがでしたでしょうか?

この記事が恋愛や夫婦関係に置いて悩めるあなたの一助になれば幸いです。

 

 

 次回は『魅力アップの話し方』です

 

 

 このように当ブログでは、
生きていくうえで便利になる心理学を紹介しています。
リンクはこちら↓

楽しく生きる心理学

 

 

 では、good luck 👍