楽しく生きる心理学

「楽しく生きる」ための心理学を発信しています。 

〜頑固な相手の動かし方〜

f:id:takoyakisann:20200616235747p:image

 皆さんは、頑固な相手を説得するのに手間取ってはいませんか?

 

会社の上司や取引先の相手、親、子供など

老若男女問わずこの問題は抱えるだろうと思います。

 

今回は、頑固な相手の意見のかえ方について解説しますが、

本当に劇薬なので悪用厳禁です。

(ちなみに私は調子に乗りすぎて少し問題が起きました"(-""-)")

 

 

 頑固な相手の動かし方

 

ズバリ○○をすればいい!

 今回紹介する方法はどの様な場合でも使えます。

例えば、説得、交渉、教育や略奪愛にも。

 

方法を先に述べるとそれは、

激しい賛成です。

 

イスラエルのテルアヴィヴ大学の実験で

男女150人を対象に2つのグループに分けました。

 

①コマーシャルを見たグループ

②パレスチナ問題にかかわる動画(内容は、とにかくイスラエルのことを褒めちぎって上げまくった極端なもの)を見たグループ

 

これを6週間にわたって何度も見せます。

 

ちなみにイスラエルでは、自国が一番道徳的だと思っている人が少なくないのです。

その上、宗教的な問題でもあるのでかなり強い考えが根付いています。

 

これは、

そのような強い考え(意志)を変えることができるか?

という実験です。

 

結果は②のグループの30%

自分のパレスチナ問題に対する意見を変えたのです。

 

つまり、

宗教という根深い問題にもかかわらず、

相手の信念すら変えてしまったのです。

 

これは、

動画によるパレスチナ問題に対する激しい賛成により

、相手は「それほどではないよ」と

自分で自分の意見を否定するのです。

 

皆さんも激しく賛成されすぎて

なぜか不安に感じたことはありませんか?

 

これを繰り返すことにより、相手の信念すら覆ります。

 

 

略奪愛の場合

これが略奪愛の場合は、

あなたの彼氏、彼女は

ルックスは良いし、性格も収入面も完璧じゃん!

褒めちぎりましょう。

これを繰り返していくとそのうち愚痴しか出てこなくなり、

彼氏、彼女のことが嫌いになります。

 

また、あなたのことは、しっかり話を聞いてくれる人

と認識するので、印象がよくなります。

詳しくはこちら↓

 

www.takoyakisan.info

 

勉強をさせたい場合

勉強しない子供に勉強をさせたい場合は、

勉強をしないことによって得るメリットを押しまくりましょう。

将来に対して不安を感じ、自ら勉強するようになるでしょう。

 

 

相手を説得したい場合

相手を説得したい場合は、

相手の主張と違う意見をぶつけるのはやめましょう。

壁と壁の衝突でまったく話が前に進みません。

 

相手の意見に激しく賛成しましょう。

この場合でも「それほどではないよ」

となり相手が冷静になるので、

こちら側の意見を受け入れやすくなります。

 

 

まとめ

意見を通したい場合はとりあえず相手の意見に激しく賛成しましょう。

相手は不安になり、こちら側の意見も飲んでくれるようになります。

 

ただし、これは劇薬です。

悪用厳禁ですよ(^_-)-☆

 

 

=====

 

いかがでしたでしょうか?

この記事が相手に意見を通したいあなたの一助になれば幸いです。

 

 

 

 

次回は『あの子からの連絡が途絶えるわけ』です

 

 

このように当ブログでは、
生きていくうえで便利になる心理学を紹介しています。
リンクはこちら↓

www.takoyakisan.info

 

 では、good luck 👍