楽しく生きる心理学

「楽しく生きる」ための心理学を発信しています。 

~最強の思い込み~

f:id:takoyakisann:20200625230946p:image

 皆さんは、何か思い込んでいることはありますか?

 

 基本的に思い込みや強い感情は

客観性を奪うなどデメリットが多いのですが

ある一定の行動に対しては有効だということが分かりました。

 

今回は、正しい最強の思い込みについて解説します。

 

 

 

 最強の思い込み

人間の判断とは

 人間の判断は基本的に

どちらを選ぶか、やるかやらないか、

選択ばかりです。

 

この選択が思い込みによって正しい方を選択出来るかも?

ということを調べた実験を紹介します。

 

 

 

思い込みが有効なタイミング

 ケント大学の研究で2つのグループに分け

コンピュータでの質問に答えてもらいます。

 

  1. 問題に取り組む前に一瞬だけ答えが表示されると教えられたグループ
  2. 質問だけ表示されたグループ

 

一瞬表示される答えは意識しなければわからないほど高速で出されるので

まず、2のグループの人は表示されたことに気づきません。

1のグループの人もほとんど見えていません。

 

しかも、

面白いことにこの実験で質問の前に

表示される答えはすべてデタラメな数字です。

 

つまりこの実験では一瞬答えを見た

という自信が正答率に関わるのか?という検証です。

 

 

結果は1のほうが正答率が高かったのです。

ファッ?!

となりますよね。

 

 

でも冷静に考察してみれば当然で、

皆さんは見たことも聞いたこともない問題を見たらどう思いますか?

普通は解く前から諦めますよね。

 

 

しかしでたらめな答えとはいえ答えを見たグループは、

答えを見たんだから考えればわかるだろう。

考える糸口が見えているのです。

 

つまり自分は答えが分かっている。

という思い込みにより

粘り強く難解な問題に取り組めるようになったのです。

 

粘り強く難解な問題にも取り組んだから

1のグループのほうが良い成績を残したのです。

 

 

 

思い込みにより起こる変化

 この思い込みは、

ちょっと考えれば正しい答えにたどり着けるんだ。

という一種の暗示のようなものです。

 

つまり

能力は伸ばせないと思い込む硬直マインドセット

から

努力次第で能力は伸びると思い込むしなやかマインドセット

に代わったのです。

 

マインドセットについて詳しくはこちら↓

 

www.takoyakisan.info

 

 

まとめ

思い込みは基本は客観性奪うものです。

しかし、

思い込むことにより

粘り強さやチャレンジ精神が高まる場合は効果ありです。

 

行動につながる思い込みを心がけましょう(^_-)-☆

 

 

 

=====

 

いかがでしたでしょうか?

この記事が諦め癖が付いているあなたの一助になれば幸いです。

 

 

 次回は『太る食べ物、痩せる食べ物』です

 

 

このように当ブログでは、
生きていくうえで便利になる心理学を紹介しています。
リンクはこちら↓

www.takoyakisan.info

 

 では、good luck 👍